TOP >  救命艇事業部

救命艇事業部

救命艇事業部

IMO Circ 1206人命をあずかる救命艇の役割は大きく、その品質管理には細心の注意を払っております。2006年7月1日よりスタートした、IMO MSC Circ1206 による定期点検及び保守につきましても、ユーザーのニーズに合わせた対応を行います。

事業内容

救命艇点検及び整備

取扱製品

Manufacture/製造メーカー Manufactory/製造工場
・Sanyo Works Co., Ltd.
・Kambara Ringyo Co., Ltd.
・Tsuneishi Forestry Construction Co., Ltd.
・Tsuneishi Holdings Corporation
 Tsuneishi Forestry Construction Company
・Dalian Songliao F.R.P. Ship Factory
・Dalian Mingzhu F.R.P. Boat Co.,Ltd
・Dalian Hengda G.F.R.P. Boat Co.,Ltd

上記製造メーカー及び製造工場の救命艇については、ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社救命艇事業部までお問い合わせ下さい。

取扱型式

TL-5.7TE
TL-6.5TE / KL-6.5TE
TL-6.5FP / KL-6.5FP (Fire Protection)
7.32E/O (Open Type)
7.5 TE
7.5 FP(Fire Protection)

救命艇ラインナップ

上記型式の救命艇については、ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社救命艇事業部までお問い合わせ下さい。

救命事業のあゆみ

1983年6月
株式会社山陽工作所にてOPEN型救命艇 製造開始
1986年10月
株式会社山陽工作所にて7.5M全開型救命艇型式承認取得
1986年11月
株式会社山陽工作所より神原林業株式会社へ
7.5M全閉囲型救命艇ライセンス移譲、製造開始
1989年8月
6.5M全閉囲型救命艇製造開始
1991年4月
中国大連市にてF.R.P.救命艇製造を開始
1992年4月
社名を常石林業建設株式会社に改称
2003年2月
5.7M全閉囲型救命艇製造開始
2006年6月
MSC/Circular 1206に伴う定期点検整備事業開始、サービスネットワーク構築
2007年1月
常石造船グループ10社と合併し、ツネイシホールディングス株式会社常石林業建設カンパニーとなる
2009年6月
従来型救命艇製造終了
2011年1月
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社設立、救命艇事業移譲

(株)山陽工作所、神原林業建設(株)、常石林業建設(株)、ツネイシホールディングス(株)常石林業建設カンパニーの製造した救命艇の点検及び整備は、ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社救命艇事業部が行います。