TOP >  救命艇事業部 >  アルミ浮揚型津波シェルター

アルミ浮揚型津波シェルター

アルミ浮揚型津波シェルター(津波救命艇)
採用情報
マイナビ2023
  • マップアンドカンパニー株式会社
  • 株式会社ティエフシー
  • ワイズ・ラボ株式会社
  • 株式会社海洋船舶研究社

OUR PROJECT

  • TTS80
  • 常石グループ

アルミ浮揚型津波シェルター

アルミ浮揚型津波シェルター(津波救命艇)とは

アルミ合金製の船舶建造と救命艇の建造技術をもとに開発した、津波発生時に緊急避難するシェルターです。

シェルターは水に浮く構造になっており、津波襲来時には、水に沈むことなく水上で救助を待つことができます。

国土交通省四国運輸局の定める基準を上回る機能及び信頼性を保持することで安全性を確保しています。

パンフレットダウンロード

プロモーションムービー

特徴

主体構造は循環型社会に適したアルミ合金製

「アルミ浮揚型津波シェルター」は、アルミ合金製の主要構造により、強靭性と耐久性と軽量性に優れています。
また、アルミ合金はリサイクルが可能で、循環型社会に適しています。

10tトラックで運搬可能なサイズ

10tトラックが通行できるあらゆる場所に搬送が可能です。海岸直近施設を始め、福祉施設、学校、公民館、病院などの公共施設で、地域の防災対策設備として使用可能です。

安全性能

衝撃に強い構造

東日本大震災での津波の流速10m/s(時速36km)を想定した正面衝突試験にて、本体に作用する最大加速度を15G以下とし、避難者へ作用する衝撃の吸収及び本体剛性の保持を確認しています。

浸水を防止する衝突隔壁構造を採用

津波を再現させた水槽試験を行い、あらゆる方向からの波の直撃に対しても本体の傾きが小さく、正面を進行方向として進むことを確認しています。

逆さまになっても元に戻る

水面で直立状態を保ち、180°反転した状態からでも正立状態に復原することを確認しています。

安心・快適性能

1週間分の水・食料を完備

1週間分の飲料水、食料を始め、医薬品、保温具を完備。
また、LED照明やトイレも設置しています。

シートベルト付き座席シート

室内は揺れや衝撃で避難者が怪我をしないよう、安全性を高めた座席シートを配置しています。
避難者は、救出までの1週間を安心して過ごすことができます。

車椅子でも乗れるバリアフリータイプ

後部出入口部に、バリアフリータイプのスロープを配置することで、お年寄りや足の不自由な交通弱者も容易に乗り込むことが出来ます。

装備品

  • ◎ボートフック
  • ◎バケツ
  • ◎防水ライト
  • ◎信号紅炎(発煙筒)
  • ◎多機能ナイフ
  • ◎生存指導書
  • ◎応急医療具
  • ◎船酔い薬
  • ◎船酔い袋
  • ◎保温具
  • ※飲料水
  • ※非常食
  • ※携帯カイロ
  • ※簡易型冷却剤
  • ※水冷却たすき
  • ※予備乾電池
  • ※携帯電話充電器

※印はオプション

納入実績

納入実績